盛岡という星でプロジェクトが始まったよ!

皆さん、こんにちは。

 

 

リトルもりおかです。

 

 

 

このサイトはまだまだ試運転中なんですが、

 

 

 

盛岡に関する重要なイベントがあったので、初投稿します!

 

 

 

突然ですが、質問です。

 

 

 

この「盛岡という星で」っていう洒落たロゴを見たことある人いますか?

 

 

 

・・・さすが、そうですよね。

 

 

 

盛岡好きの皆さんなら、一度は見たことがある、このロゴ。

 

 

 

私も何度か、Instagramで見つけては、スマホをスクロールする手を止めてしまいました。

 

 

 

え?これ、盛岡なの?

 

 

 

オシャレすぎる!

 

 


 

 

 

 

 

 

CDのジャケットみたい。

 

 

盛岡を上品に、そしてクールに切り取った写真を1日1投稿する、

洒落たアカウント「Planet_morioka」

 

 

 

  

 

 

一体何者?

 

 

 

実は、これ盛岡市が地元企業と組んで展開しているPR施策なんです。

 

 

 

その名も「盛岡という星でプロジェクト」

 

 

 

盛岡を小さく丸いひとつの星に例えて、

 

これまでとは違う角度から盛岡を写し取り、見つめようとするー素敵な企画。

 

 

プロジェクトはまだ始動したばかりで、

 

そのキックオフイベント「盛岡という星の引力」が、2月2日(土)、東京・赤坂の東北酒場「トレジオンポート」で開かれると、聞き行ってきました。

 

 

 

 

会場を見回して、思わず声が出てしまいました。

 

 

それにしても

 

「来場者、多くない!?」

 

  

 

「まさか、これほどとは!」

 

 

主催者側も目を丸くしていた超満員の会場。

 

 

空いてる席を探すのも一苦労で、

 

 

立って話を聞いている方もたくさんいました。

 

 

盛岡の引力、凄まじい!

 

 

主催者によると、来場者は

 

150人以上」とか。

 

 

 

東京にも、たくさんの盛岡ファンがいることを再確認しました。

 

 

 

感激です。

 

 

 

さて、本題のキックオフイベントでは、

 

 

プロジェクトのメンバーが、企画の趣旨やねらい、ネーミングに込めた思いなどを発表。

 

 

美しい写真とコピーに秘められたエピソードを教えてくれました。

 

 

 

 

盛岡という星で、プロデュースを手がけた

 

 

ホームシックデザイン(盛岡市内丸)の代表

 

清水 真介さんは

「盛岡の良いところだけ書き出すのではなく、そのままの盛岡を伝えたかった。そこに魅力がある」と語っていました。

 

 

この他、"盛岡という星を行き交う人"たちというテーマで、

 

盛岡生活をエンジョイする方や

 

東京で盛岡なイベントをする方も登場。

 

 

"リトルもりおか"も少しだけ、出番がありました!

 

「盛岡という星で」プロジェクトは、今後も1日1投稿のペースで、市内の様々な表情を切り取っていく予定で、このイベントを皮切りに、さらなる展開も模索中とのこと。

 

 

今後の"盛星"の動きに目が離せませんね。

 

 

東京にいても、毎日素敵な盛岡に出会える素敵なアカウント

 

 

ぜひ、みんなでフォロー、応援しましょう!

 

盛星のインスタアカウントは、こちら

同じタグの記事

関連アイテムはまだありません。

Ranking