氷川きよしが歌う、盛岡の歌

マリオスで氷川きよしのコンサートに行ってきました!

楽しかった…初めて拝見したのですが、生きよし氏とても美しかったです。

「箱根八里の半次郎」の鮮烈なデビューから20周年だそうです。

最近の「限界突破サバイバー」も新境地ですがとても似合っていていい曲ですよね!

 

さて、福岡出身の氷川きよし氏ですが、盛岡にちなんだ歌を歌っておられるのをリトルモリオカーのみなさまはご存知でしょうか!?

しかも2曲もあるのです!ご紹介させてください。

 

「二度泣き橋」

盛岡駅につながるあの橋のことですね!

♪北の寒さに襟立てて

♪駅に降り立つ人はみな

♪こころ凍えて泣くという

最初の歌詞です。こころまで凍えてしまう街盛岡。結構いいところなんですが・・

♪ひとり暮らしのさびしさは

♪粉雪だけが知っている

♪恋のぬくもり欲しかった

転勤で来て一人暮らしでしょうか、、頑張ってほしいですね・・!

♪北国盛岡情け町

♪抱かれ抱かれ抱かれ泣いてる二度泣き橋よ

盛岡で出会いがあったのでしょうか。素敵な歌詞です!

 

「石割桜」

♪人の心は 弱くとも 折れず曲がらず くじけない 南部魂 ここに在り

こちらは震災に寄せて歌った曲とのことです。

力強く、ザ・演歌という歌詞ですね。

ちなみに、大沢桃子さん、遠山洋子さんも「石割桜」という曲を出されているようです!

盛岡ソング、まだまだありそうです・・!

 

↓盛岡ソングの記事、こちらもどうぞ♪

「紅白を盛り上げたあの人は盛岡好き?」

同じタグの記事

関連アイテムはまだありません。

Ranking