GWまで見れる?盛岡のインスタ映え桜スポット

東京都内では最高気温20度を超える日も多くなってきて、

半袖半ズボン姿の人もチラホラ。

道端に桜の花びらがたまり、こちらでは花見の時期はひと段落しました。

一方で、故郷・盛岡の桜はこれからが本番。

ウェザーニュースによると、ゴールデンウイークの前半まで見ることができる場所もあるようです。

そこで今回は、これから盛岡に帰省する、旅行する方のために。

学生時代も含めて盛岡で9年間過ごした写真大好きな私が、インスタ映えするお花見スポットを独断でチョイス!

フォトアルバムに保存していた写真とともに、ご紹介いたします。

①盛岡市民のお花見といえば「盛岡城址公園(岩手公園)」 
まちなかの桜名所。
屋台の出店もあり、桜をみながら飲食をするならココです。
美しい石垣と桜の組み合わせが良く、思わずシャッターを切ってしまいます。
4/13~4/30の「盛岡さくらまつり」期間中はぼんぼりが設置され、夜間に灯されます。
見頃になったあたりには、桜のライトアップも予定されているそうです(ライトアップの時間:18時~21時30分)。

〒020-0023 岩手県盛岡市内丸1−1−37

②池と岩手山と桜の「高松公園(高松の池)」
こちらも市民にはお馴染みの花見スポット。
日本さくら名所100選にも選ばれています。
「盛岡さくらまつり」のもう1つの会場になっており、屋台も出ます。
貸ボートやスワンボートに乗って、水の上から桜を狙うのもおすすめです。
晴れた日には岩手山もきれいです。

〒020-0114 岩手県盛岡市22 高松1丁目26−1

参考:「盛岡さくらまつり」の情報

③国指定天然記念物の「石割桜」

浅田次郎作『壬生義士伝』で主人公が語る「盛岡の桜は石ば割って咲ぐ」の石割桜。(映画も素晴らしいよね…)
樹齢350年以上のエドヒガンザクラで、開花の時期には大勢の観光客でにぎわいます。
毎年でも記念の一枚が欲しくなる桜です。

〒020-0023 岩手県盛岡市内丸9−1

④もう1つの国指定天然記念物「龍谷寺のモリオカシダレ」

 寺院が立ち並ぶ名須川町、龍谷寺の境内にある桜は、大正9年に発見された新種。
発見地である盛岡にちなんで「モリオカシダレ」と名付けられたそうです。
盛岡ならではの桜、撮らないわけにはいきません。
白い花が枝垂れている姿が美しい。

〒020-0016 岩手県盛岡市名須川町7−2

⑤少し遅めのお花見なら「米内浄水場のシダレザクラ」

 盛岡市郊外の上米内にある米内浄水場では、場内のシダレザクラ開花に合わせて一般公開が行われます。
街中よりも遅れて開花するので、GW期間中にもお花見が楽しめます。
あざやかなピンク色の桜が華やかで、インスタ映え間違いなし。
一般公開は4/22~5/6の9:00~18:00。
ちなみに、場内での飲食や敷物をしいたりするのは禁止です。


参考:米内浄水場の桜一般公開について

〒020-0001 岩手県盛岡市 上米内中居49 上米内浄水場

おまけ 屋台を見つけたら食べてみてほしい「盛岡うす焼き」

 盛岡周辺のイベントやお祭りの屋台ではお馴染み(?)のうす焼きが楽しめます。
シンプルなお好み焼きと言えばいいのでしょうか…。
モチモチした生地と、あっさりしょうゆ味が特徴(ソース味も選べる)。
屋台でみかけたら、カメラを一旦置いて、お試しあれ。

以上。

この中でも私の一番のオススメは岩手公園。

石垣のかっこよさがたまりません!

ぜひ、皆さんもカメラを持ってお花見会場へ行ってみてください。飲み過ぎにはご注意を!

 

*「花見情報」の予想はこちら!*

ウェザーニュース

 

Ranking