東京で盛岡の地ビール「ベアレン」を楽しんじゃう会を開催!

こんにちは。
8月も後半に差し掛かりましたが、厳しい暑さが続きますね。
そんな猛暑まっただ中の東京都内。暑さを吹き飛ばすため、リトルもりおか主催のイベントが8月11日に開かれました。
盛岡市鋳造のクラフトビール「ベアレンビール」の缶ビールを、都内の盛岡出身者や盛岡になじみのある皆さんで楽しんじゃおう!という趣旨の交流会です。

都内在住のリトルもりおかメンバーが、先日のさんさ踊りで盛岡に帰省した際に仕入れたベアレンの缶ビール(合計でなんと48本!!!2箱)を飲みながら、"盛岡トーク"で盛り上がりました。
そこで、ざっくりしたレポートをお届けします。

盛岡に対する多様な"関わり方"が交差するひと時

 イベントはFacebookで告知し、当日の参加は総勢11名。お盆の帰省で来られなかった方々も多かったのですが、たくさん集まってもらいました。
両国駅近くのレンタルスペースをお借りし、備え付けの冷蔵庫で大量のビールを冷やしていざスタート。
 参加者同士の自己紹介ならぬ他己紹介をはさみつつ、少し前に閉幕したばかりのさんさ踊りの話題、盛岡暮らしや盛岡旅行の思い出話、東京での生活、盛岡に暮らす友人・知人たちの話題など会話に花が咲きました。
 交流会参加者は、盛岡や岩手との関わり方はそれぞれ異なります。
出身者、仕事で赴任した経験がある人、イベントを通じて訪れたことがある人・・・・・・。関わり方も、その深さも人によって異なります。でもきっと、だからこそいいんだと思います。

 いろんな関わり方があっていい、いろんな関わり方があるからこそ、意味がある。いろんな形で盛岡や岩手に関わってきた人たちが、盛岡の美味しい地ビールを飲みながら、盛岡や岩手の話題を楽しむ。いわゆる関係人口という考え方にもつながりますが、さまざまなやり方で盛岡ファン、岩手ファンを増やしていくことが大事なのかなと思いました。
筆者は当日すっかり酔っ払っていたので、翌日に二日酔い気味で起床して、お昼頃にようやく酔いがさめてから思ったことなんですけども。

 さて、当日みんなで消費したベアレンビールの紹介です。
 この缶ビールは、2019年5月24日に新発売された、ベアレン鋳造所初となる缶ビール「ベアレンビール ザ・デイ」です。「飲む至福 毎日出会う未来の親友」をコンセプトにしたビールで、ピルスナーのスタイルでありながら、チェコ産のザーツホップをふんだんに使っているのが特徴だそうです。

ベアレンと言えば、2015年に日本外国特派員協会主催「世界に伝えたい日本のクラフトビール」 の第1回で、グランプリに輝くなど、全国でも有数のクラフトビールですが、これまでは瓶でのみを展開しており、今回の缶ビールはファンにとって待望の商品と言えます。

 それは東京に住む、盛岡ファンにとっても同じこと。新たに誕生した、ベアレンの"飲む至福"に癒されながら3時間ほど、語りあったあと、メンバーで記念撮影。
レンタルスペースを離れたあとは、近くの公園で"二次会"に突入しました。
暑過ぎる夏の夕方。騒がしいくらいの蝉の鳴き声を聞きながら、木陰で盛岡(の話題はだいぶ少なめになっていたけど)トークとベアレンビールを楽しみました。
 盛岡の地ビールを楽しみながら、ゆるーく盛り上がる交流会、とても楽しかったです。盛岡は地場の美味しい食べ物もいろいろありますし、お酒に限らずもっといろんな切り口でイベントを展開できるかもしれないなと思いました。とりあえず、今度盛岡を訪れたときにはベアレンの缶ビールを購入しようと決意。
 次回の交流会開催時にはまた告知しますので、盛岡好き、岩手好きのみなさまの参加をお待ちしております!本当にゆるーい会ですので、「これから盛岡・岩手を知ってみたい」という方も大歓迎です!

なお、ベアレンビール は
ゴールドのラベルが「トラッド ゴールド ピルスナー」(4.5%、350ml)
レッドのラベルが「イノベーション レッド ラガー」(5.5%、350ml)
いずれも税込で322円ほど。
詳細は下記にて。
https://baeren.jp

 

Ranking